短大からでも幼稚園の先生になれる

園児と先生

幼稚園教諭になるためには、資格が必要になります。このときの資格は、3種類より第二氏と第一種、そして大学院を卒業したときに取得できる専門の資格になります。幼稚園教諭になるために、これらの中の資格を1つでも習得しておかなければならないでしょう。ほとんどの場合は、大学院まで行かずに4年生の学校や短大で取得するのが基本になります。大学院まで行かなければならないのはよほど特殊な例と言えるでしょう。では、4年生の学校と短大では何が違うかと言えば、採用される率が異なります。幼稚園によっては、4年生の所を出た人でなければ採用してくれないようなこともあるでしょう。このように考えれば、4年生大学に行ったほうが就職の幅は広がるといえます。

幼稚園の先生として活躍する

幼稚園教諭になり幼稚園の先生として活躍することを目的として短大や大学を出る人も少なくありません。これらの目的を達成させるためには、単位をしっかりと取得することが必要になります。単位に関しては、大学によって取得できる難易度が異なります。そのため、もし可能ならば比較的簡単に取得できるようなところを選ぶことが必要になるでしょう。とは言え、大学の学力と単位の取得の難易度は比例するものではありません。そのため、学力が高い大学ほど単位が取りやすいわけではないといえます。このように考えると、特にそこまでこだわることなく学校選びをしても良いといえます。当然ながら、卒業しやすいところを選んだ方が有利です。

保育士になることもできる

幼稚園教諭と言えば、短大や4年生の大学を出ていないと慣れないイメージがあるでしょう。実際には、そのような事はなく専門学校などでも資格を取得することができます。ただし、専門学校の場合には他の人は別に取得試験を受けなければならない可能性があります。それならば、初めから短大等に行き卒業と同時に幼稚園教諭の資格を取得できるようなところを選んだ方が良いといえます。選び方の1つとして、幼稚園教諭だけでなく保育士の資格も選ぶことができる学校があります。最近は、幼稚園教諭だけでなく保育士の需要も高まっているためそれらの資格を取得しておくと将来的に有利になる可能性が高まります。特に保育士は、東京都を中心に不足している傾向が見受けられます。このように考えれば、保育士の資格も同時に取れるところは将来的に考えて有利になるため両方を取る目的で大学に通うのが良いかもしれません。このように、2つ同時に取得できる学校は、いくつもありますがその中で明確な目標を持って学生生活を過ごすのが良いでしょう。